0120-1504-09
menu

奈良市一般廃棄物処理基本計画

Top/ごみ収集/奈良市一般廃棄物処理基本計画

 本計画は、国における「第2次循環型社会形成推進基本計画」、本市における「奈良市第4次総合計画」などの上位計画との整合性を図りつつ、今後10年間のごみ減量化やごみ処理施策の総合的・計画的な推進の基本となる一般廃棄物処理基本計画を平成24年度に策定しておりましたが、本市のごみ搬入量の動向や高齢化や人口減少等の社会情勢の変化に対応しつつ、今後の更なるごみの減量及び適正処理を達成するため、平成24年度に策定した一般廃棄物処理基本計画を改定しました。

 本計画の基本理念は、低炭素社会、自然共生社会、循環型社会に資する持続可能な奈良らしい統合的取り組みを展開し、

「もったいない」の心を大切にみんなで循環型都市ならの実現を目指します。

 そして、

(1)「まずごみを減らす」
(2)「それでも出たごみは資源としてリサイクル」
(3)「リサイクルできないごみは適正処理」
(4)「市民・事業者・市の協働」


の4つを基本方向として、ごみ搬入量のピーク時(平成10年度)に比べて平成32年度までに、

◆ごみ搬入量を約1/3減らします
◆焼却処理量を約1/3減らします
◆最終処分量を約1/2減らします
◆再生利用量を22%にします

 

※本計画の詳細は、このページの左側にあるダウンロードよりご覧ください。

 

引用元
LINE公式