0120-1504-09
menu

40歳以上の国保被保険者に送付している「検診パスポート」について、昭和19年7月~8月生まれの人と、それ以降の誕生日の人とでは、内容に違いがあります。(お知らせ)

Top/奈良市の生活情報/40歳以上の国保被保険者に送付している「検診パスポート」について、昭和19年7月~8月生まれの人と、それ以降の誕生日の人とでは、内容に違いがあります。(お知らせ)

40歳以上の国保被保険者に送付している「検診パスポート」について、昭和19年7月~8月生まれの人と、それ以降の誕生日の人とでは、内容に違いがあります。

 ※昭和19年7月~8月誕生日の人

 ⇒今年、7月~8月の誕生日で75歳になる人(後期高齢者医療制度に移行)は、国保特定健診が7月1日から始まり、受診可能期間が短くなるため、6月末時点では、健康増進課から「がん検診受診票」のみ送付しています。国保「特定健康診査受診券」の該当漏れではありません。

⇒検診パスポートには、「がん検診受診票」のみ記載しています。

⇒上記該当の人は、誕生日の翌月末に、福祉医療課から「後期高齢者健康診査受診券」が送付されます。

 ※誕生日前日までに、国保特定健診の受診を希望される人は、国保年金課までお問い合わせください。

 

※昭和19年9月以降誕生日の人

 ⇒7月から始まる、国保「特定健康診査受診券」を送付しています。

 ⇒検診パスポートには、「がん検診受診票」+国保「特定健康診査受診券」を記載しています。

 ※75歳の誕生日前日までに、国保特定健診を受診できなかった場合は、「後期高齢者健康診査受診券」を送付しますので、福祉医療課までお問い合わせください。

引用元
LINE公式