私道負担とはなんでしょう???2019年03月09日


いろいろと住宅を探したり、調べていたりすると「私道負担」という言葉に出くわすことがあるかと思います。

漢字を読めば「私道(しどう)」を「負担(ふたん)」するとあるので、何となく道を管理するのか?と想像できそうです。

では一体「私道負担」というのはどういったことなのですか?

私道負担とは

私道負担とは、購入する物件の土地の一部に私道が含まれていることを指しています。
要は「他人様」の土地が含まれているということですね。

まぁ道って普通は市等の行政が持っているものでは?とお思いだと思います。

ここで建築基準法が出てくるのですが、建築基準法では「建築物は幅員4m以上の道路に2m以上接していなければならない」決められています。

そこで、それを満たすために土地の一部を私道化して、建築出来るようにするという背景があります。

たまに「ここは私道です」という立て看板を見かけるケースありませんか。

こういうことだったんです。

私道負担にお金はかかるの?

私道というのは、2パターンあります。
1.購入土地の一部に私道が含まれている
2.敷地に接している道路が私道である

1の場合は、私道部分がまず建物面積に含まれませんので、その面積分を引いた敷地面積に建ぺい率や容積率を掛け算する必要があります。この場合でも、全部の私道を負担していないときには負担金を支払わなければならないケースも出てきます。

2の場合は、所有権を持たない方が通行するわけですから、何らかの負担を要求されるかもしれません。

いずれにせよ、私道負担というキーワードの場合は、費用を頭に置いておいた方がよいと思います。

私道負担は面積で表示される

契約時の重要事項説明でも説明されますが、私道負担は面積で表示されています。

私道負担はデメリットなのか

負担することが金銭的にあったり、他人の土地を通行するというのに抵抗がある場合はデメリットになるでしょう。
しかしながら、事前にこういうことは決められているので、きちんと理解し放っておかなければ問題はありません。

いかがでしたか?

分かりにくい私道負担もきちんと考えれば、納得できますよね。

不動産購入は、普段知らない内容が出てきますがきちんと説明を受ければ理解できるものばかり。

この説明をすっ飛ばす業者は非常に危険です。

質問をしっかりして、備えておきましょう!

 

ポータルサイトや他社サイトで気になるお部屋がございましたらお気軽にご相談ください!

物件検索は、ERAオークホームで!

(奈良市、生駒市、大和郡山市、都跡小学校区、六条校区、あすか野小学校区、あやめ池小学校区、郡山西小学校区、右京小学校区、平城西小学校区、大安寺西小学校区、富雄南小学校区、右京小学校区、済美小学校区、平城中学校区、飛鳥小学校区、明治小学校区、左京小学校区、佐保小学校区、帯解小学校区、済美南小学校区、辰市小学校区、登美ヶ丘小学校区、平城西小学校区、東登美ヶ丘小学校区、郡山西小学校区)

https://www.oakhome.co.jp