• ブログ
  • お知らせ
  • 奈良市の新築戸建ての売れ筋価格帯はこれだ!(2019年2月編)

奈良市の新築戸建ての売れ筋価格帯はこれだ!(2019年2月編)2019年03月14日

売れ筋 奈良市 2月 建売
ハッピーホワイトデー。

お返しした方も、しなかった方も、貰った人も、貰えなかった人も。

今日は嫌なことを忘れて、スイーツで甘いひと時を!

というわけで、今回は奈良市の2019年2月売れ筋価格帯などの情報をお届けしたいと思います。
尚、今回の内容はあくまでも当社が調査した結果ですので、多少のズレはご容赦くださいませ。

売れ筋価格帯は?

2月中に販売された新築戸建ては、41件でした。

その中での売れ筋は、2780万円2980万円と意外と高価格帯でした。(建売のみです)

次点は2580万円と2680万円。

従って売れ筋の価格帯は2580万円~2980万円と言えます。

間取りの広さは?

ほぼ100%の割合で4LDKが占めています。5LDKはわずか1件だけ。

建物面積は平均で106㎡の32坪。土地面積は平均で176㎡の53坪。

どこの建売業者が人気?

大差で一建設です。

人気エリアは?

売れ筋価格帯での、最大エリアは平松エリアです。次点で中山町ですね。

2980万円の住宅ローン返済額(毎月)は?

元利均等返済で検討していきます。金利は0.46%の変動金利、ボーナス返済は10万円(年2回)、借入期間は35年とすると、60,330円です。(当社調べ)

ちなみに2580万円で同じ条件だと、50,017円と一万円も安くなります!

固定資産税は?

仮に土地1980万円、建物1,000万円の課税標準額として計算してみます。
土地:1980万円×1/6×0.14=46,200円
建物:1000万円×0.14×1/2=70,000円

合計116,200円が固定資産税と計算できます。

年間ですので、月では約10,000円ですね。

住宅ローンだけで賃貸よりも安いかどうかを判断してはいけない

どのチラシにも、賃貸よりも安く借りれるような表記が目立ちます。確かに毎年のローンだけを見れば「安くなるし、財産も残る。何も残らない賃貸よりはいいんじゃないか」と思いそうです。

本当にそうでしょうか。

賃貸では備品などの修繕は、故意でない限り大家負担ですし、何かあれば引っ越すことができます。
しかし、一軒家はおいそれと買いなおしできません。無論引っ越すのも難しい。

家のモノはすべて自分でやり繰りしなければいけません。給湯器やエアコン、トイレなど大きな家電製品が壊れたら、買い換えないといけません。また、壁も経年劣化してきます。こういった修繕費は将来必ず必要となるため、考えてランニングコストを貯めておかないと後が困ります。

ちなみに私がトイレリフォームでかかった費用は、20万程度です。トイレとタイルの変更だけです。壁紙をやろうとするともっと高いです。

だいたい10年を超えたあたり方不具合が出てくると言われています。修繕費として、毎月20,000円程度は貯めておく必要があるでしょう。

ここまでを合計してみます

2980万円の家を購入するときのランニングコストは、60,033円(ローン)+10,000円(固定資産税)+20,000円(貯蓄)=90,033円です。

これだけでは収まりませんね。火災保険や地震保険も加入しておかなければなりません。共済でも4、5000円くらいでしょう。

つまり、約10万円程度は毎月飛んでいく計算となります。

これでも家賃より安いですか?

 

いかがでしたでしょうか?

トレンドから見えた住宅購入の実情です。

ぜひ検討の参考にしてみてくださいね。

ポータルサイトや他社サイトで気になるお部屋がございましたらお気軽にご相談ください!

物件検索は、ERAオークホームで!

(奈良市、生駒市、大和郡山市、都跡小学校区、六条校区、あすか野小学校区、あやめ池小学校区、郡山西小学校区、右京小学校区、平城西小学校区、大安寺西小学校区、富雄南小学校区、右京小学校区、済美小学校区、平城中学校区、飛鳥小学校区、明治小学校区、左京小学校区、佐保小学校区、帯解小学校区、済美南小学校区、辰市小学校区、登美ヶ丘小学校区、平城西小学校区、東登美ヶ丘小学校区、郡山西小学校区)

https://www.oakhome.co.jp