フラット35っていったい何?2019年02月11日

住宅ローン フラット35
住宅ローンを検討する際に良く出てくるキーワード「フラット35」。

文字通り、フラットなので、金利が変わらない固定金利の商品です。

フラット35とはどんな住宅ローン?

フラット35とは、2003年から民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して出来ている最長35年の住宅ローンです。

住宅金融支援機構が住宅ローンを貸してくれるの??と思いますが、違います。

あくまでも民間金融機関からの借り入れとなります。

また、利用条件は住宅金融支援機構が定めていますので、どの民間金融機関でも条件は同じです。

どの金融機関で借りても金利は同じ??

利用条件は住宅金融支援機構が決めて一律となっていますが、金利については民間金融機関によって異なります。

決められているのは金利幅。この金利幅の中で、各民間金融機関は金利を設定しています。

しかし、どの金融機関もほぼ最低金利を設定していますので、ある程度似たり寄ったりでしょう。

厳密には金利が違う可能性があるということです。

つまり、フラット35の金利が業界最低水準とうたっていてもどんぐりの背比べなんですね。

何で金融機関を決めればいい?

手数料で大まかに検討可能だと思います。都銀や有名銀行は、手数料ビジネスと呼ばれるやり方で収入を得ています。その点Webバンクでは人件費などの限られている為、手数料を安くできる仕組みとなっています。

ただし、手数料が安いからといって、その分を金利に上乗せしているケースがあるので、総返済額をシミュレーションして検討してくださいね。

同じ金利であれば手数料で差が出てきますので、きっちり比較をしておきたいポイントです。

フラット35のデメリットは?

固定金利しかないことでしょう。固定金利は変動金利に比べて高くなりますので、支払総額も高くなります。

フラット35のメリットは?

金利が変わらないことでしょう。やはり変動金利は、高くなるリスクをはらんでいます。金利が上昇すると利息だけしか払えない状況にもなりえます。そういったことがないのがフラット35の最大のメリットではないでしょうか。

これからの金利変動予想は?

フラット35は長期金利につられて決定していきます。昨年末から緩やかに下がって、1月にはフラット35の金利は1.27でした。しかし2月に入り1.31と多少上がっている傾向です。このまま上がるのか。

恐らくですが、多少上昇するのではないかというのが市場のおおよその見方です。

これからローン審査の方も多くいらっしゃると思いますので、金利については十分良く検討してください。

0.01%という数字は非常に小さいですが、この数値を掛ける大本が大きいので、後々返済に響いてくるかもしれませんよ。

物件検索は、ERAオークホームで!

(奈良市、生駒市、大和郡山市、都跡小学校区、六条校区、あすか野小学校区、あやめ池小学校区、郡山西小学校区、右京小学校区、平城西小学校区、大安寺西小学校区、富雄南小学校区、右京小学校区、済美小学校区、平城中学校区、飛鳥小学校区、明治小学校区、左京小学校区、佐保小学校区、帯解小学校区、済美南小学校区、辰市小学校区、登美ヶ丘小学校区、平城西小学校区、東登美ヶ丘小学校区、郡山西小学校区)

https://www.oakhome.co.jp